ロージィはどうやってつける?正しい付け方と注意点、保存方法

皆さんは洗顔後のスキンケアはどんな風に行なっていますか?

せっかく上手に洗顔してもきちんとスキンケアできていなければ肌に水分が行き渡らず、
肌質改善ができるのにパワーが半減して勿体無いですよね。

ロージィの正しい付け方やコツ、注意点を抑えて美肌を目指しましょう。

ロージィの正しい付け方

Step.1 洗顔後、水分が程よく残った状態でロージィを2、3滴取る

手に取ったロージィを顔全体に優しく伸ばしていきます。グイグイとロージィが吸い込まれていきます。

ロージィを手にのせた状態

POINT程よく水分が残って毛穴が開いた状態でないと浸透が妨げられ本来の効果を発揮できません。もし乾いてしまったら蒸しタオルなどで温めてからつけると良いでしょう。

Step.2 肌に水分が足りていないようであればもう2、3滴追加する

私の場合はこのように追加して付けないと足りませんでした。

また、目元や小鼻など細かい部分に追加が必要な人もいるかもしれませんので、
肌の状態を見て追加しましょう。

目安は肌がひんやりしてきた時と言われています。

POINT乾燥による肌荒れなど肌コンディションが悪いなと感じる時などは、いつもの倍くらい付けると炎症鎮静成分や保湿成分が高まります。

これでスキンケアはおしまいです。とっても簡単ですよね。

ベタつくこともなく、触るとしっとりして、肌に水分が補給されたのがわかります。

ロージィの使用期限と保存方法

ロージィは肌の負担を極力減らすために、保存料や防腐剤を最小限にしています。

そのため、使用期限が約10ヶ月、開封後は2ヶ月以内と市販のものより短いです。
使用期限はロージィの外箱の裏面に記載されています。

ロージィ成分

開封後は直射日光に当たらない冷暗所(10℃~22℃)に保管し、2ヶ月以内に使い切ってください。
ただし、使用期限が2ヶ月切っているものは使用期限までに使い切るようにしましょう。

ロージィの効果的な使い方と注意点まとめ

以上が基本の使い方です。ポイントと保管方法をまとめるとこんな感じです。

  • 水分が程よく残っている状態で2、3滴つける
  • 潤いが足りないようであればもう2、3滴つける
  • 使用期限は未開封時は10ヶ月、開封後は2ヶ月
  • 直射日光に当たらない冷暗所(10℃~22℃)に保管

いかがでしたでしょうか。ロージィのお手軽さが分かって頂けたかと思います。

仕上がりも濃縮させた有機植物のパワーが肌の奥まで浸透するので、
さらっとしているのにもっちりしています。

この記事を参考にロージィの正しくつけて、美肌を目指しましょう。

私が実際にロージィを使ってみた感想や効果は「ロージィを実際に使って効果を実証!口コミ、評判を徹底調査」にまとめていますので、参考にしてみてください。

イルチ ロージィ公式サイトはこちら

関連記事